書籍の詳細

失踪した夜空が復活!? 活動再開する隣人部の前にあの懐かしいゲームが! さらには小鷹が呼ばれた生徒会のイベントに隣人部で乱入!? 残念系青春物語はまだまだ終わらない!! 大人気コミカライズ第16巻!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

僕は友達が少ないのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 【人付き合いが苦手で】【出会いのきっかけがない】【なんか面倒くさい】などといった理由で、自分って意外と友達が少ないかも…なんて考えてしまう人、結構いるのではないでしょうか。近年はツイッターやフェイスブックといったSNSの発達により、自分が発信した情報の積極的な受け手の人数が如実にさらされてしまうので、そういったこともまた交友関係に関するネガティブな思考に拍車をかけている側面があるのかなと思います。なんか不思議な時代ですね。本作『僕は友達が少ない』に出てくる登場人物たちはみんな「自分には友達がいない」と悩んでいます。そんな彼らが友達を作るために立ち上げた部活動“隣人部”。そこでのふれ合いを通して、彼らは知らず知らずに連帯していきます。そんな彼らはいつの間にか「友達」になっていきます。数が少なくても、ちょっとクセのある面子だとしても、彼らは立派な友達同士です。【いつの間にか】【突然に】【ふとしたきっかけで】人はつながるんですね。そして彼らが大人になったとき、きっと誰よりも優しさの意味を知っているはずです。“隣人部”のメンバーの未来を少しだけ想像してしまいました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2013年07月02日