書籍の詳細

【ニッコリ笑顔の離婚宣言!?】小石川光希は、明るく元気な高校一年生。二組の両親の“入れ替え結婚”で、同居することになった松浦遊は、カッコ良いけど意地悪な男の子!ある日、遊が寝ている光希にキス!!反発する光希だけど、遊の優しい素顔も見えてきて…どうしよ~!胸が高鳴るホップ・スキップ・コメディ、第1巻!

総合評価
4.3 レビュー総数:6件
評価内訳

ママレード・ボーイのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 吉住渉先生の作品って、読んでいると不思議な安心感があるんですよね。「あぁ、今りぼんのマンガを読んでる」っていう。絵はいつもきれいで、結構ぶっとんだ設定なのにストーリーはしっかりしていておもしろいし、ヒロインはかわいくて、ヒーローはかっこいい! 『ママレード・ボーイ』も、両親の交換結婚によってかっこいいけどイジワルな遊と同居することになるというお話。そんなちょっと(?)異常な家族の中でも、素直泣いたり笑ったりする光希がかわいくて、これぞりぼんのヒロイン! という感じ。そして肝心なところで優しい遊。ニクいですね~ 2人がいい雰囲気に見えるのになかなかくっつかなくてやきもきしますが、そんなじれったさもまた楽しいですよ♪ 
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月06日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    はじめてハマった漫画
    りぼんっ子だった小学生当時。
    吉住先生の絵とストーリーにぐぐっと引き込まれ、小学生にとってはなかなか際どいテーマで、最終回まで本当にドキドキしながら雑誌で読んでいたのを覚えています。
    2人が結婚を決めた時に、兄妹なのにいいの⁈とドギマギしながら夢中で読み進めて、真相を知った時にはすごい漫画を読んでしまった…!と感動しました。
    大人になった今読んでも、やっぱりドキドキわくわくと漫画の中の登場人物に魅入ってしまいます。
    当時りぼんで好きな作品は沢山ありましたが、やっぱり衝撃度で言えばNo.1!
    今でも大好きな作品です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月27日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    小学生の頃大好きだったので懐かしいです。 その頃は両親の離婚や先生との恋愛など大人っぽい内容だなと思っていたのですが好きでアニメまで見ていました。
    30代になった今でも読んで楽しめるのがすごいと思いました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日
  • 懐かしくて思わず買ってしまいました。
    ママレードボーイlittleの前作になります。
    光希や遊の恋愛はもちろんですがその他主要キャラクターたちの恋愛も必見です。
    ドキドキハラハラしてしていく展開が待ってます。
    littleにつながる部分とかもあるのでこれを見てlittleをみると話がつかめます。
    1つ残念なのはやっぱり紙版と電子書籍だと作者の柱コメントがなくなってるのが残念ですね
    何回見てもおもしろいなって思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年05月10日
  • それは突然、両親の不敵な笑顔から始まった…。ある日告げられた両親の離婚。しかももうお互いに次のパートナーが居て、2家族一緒に暮らすことに!!さらに、向こう側の夫婦にも光希と同じ歳の男の子がいて!?年頃の男女で一緒に住んじゃうの!?しかもこの男の子、表の顔と裏の顔があって、すごくいじわる!初めは離婚にも再婚にも、ましてや同居にも大反対だった光希ですが、徐々に家族と向き合い、打ち解けていきます。同い年の男の子・遊とも徐々に距離が縮まっていくなか仲間だと思っていた同級生から告白されたり、親友と遊との間で何か秘密があったりなどハプニングがたくさん!最後にはまさかの展開が!?1992年からりぼんで掲載され、1994年にアニメ化された、小学生の女の子をドキドキさせたなつかしの大人気コミックです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月17日
  • 匿名希望
    紙版と一部違いがあります
    色あせてしまった当時購入したコミックが、電子版で読めてうれしいです。
    本棚の整理をしようと思って、電子版を購入しました。
     ただ紙の書籍と電子版書籍では、ページの右隅に付いていた作者さんの近況や、制作の裏話が載ったフリートークの部分がすべてなくなっているという違いがありました。
    吉住先生直筆だったので、残してほしかったと思いますね。そのため整理しようと思っていた紙版をまだ保管しています。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年01月13日