書籍の詳細

日本の人びとと風物を印象的に描いたハーンの代表作『知られぬ日本の面影』を新編集。「神々の国の首都」「日本人の微笑」ほか、アニミスティックな文学世界や世界観、日本への想いを伝える一一編を新訳収録。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

日本の面影のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 見えないが確かに感じられる気配
    《「髪の毛三本動かす」ほどの風が吹けば、加賀への船は出せない、といわれている》
     ラフカディオ・ハーンの代表作『日本の面影』に収められた珠玉の随筆「子供たちの死霊の岩屋で」はこんなふうに始まる。
     松江に暮らしていたハーンはある日、日本海の加賀浦に突き出した岬にある、潜戸(くけど)という海蝕洞窟の話を聞くが、風にはばまれ何か月も待たされている。ようやく風がやみ、松江から山越えの難路を行き、小さな漁村から岬めぐりの船に乗ることができた。待ちに待ったこの一日の出来事を、目の前にくりひろげられる光景と、土地の人が語りおろす伝説が響き合う、神話的な文体で織り上げたのが本作だ。
     潜戸は、死んだ子供たちが寄り集まって来るといわれる霊場である。恐山を思わせる賽の河原は《奥の薄闇の中で、青白い石地蔵の顔が微笑んでいる。その前にも、その周り一面にも、灰色の形なきものたちがたくさん集まっている》と描かれる。灰色の形なきものとは暗がりで見る石塔婆、これを崩すと《子供たちの霊は泣いてしまうだろう》と案内人から教わる。ハーンはそれでも3つの塔を崩してしまい、償いに6つの塔を積み直す。
     かつてある雑誌で、ハーンの特集を組んだことがある。そのとき作者と同じ体験がしたくて、写真家、記者とともに潜戸へ渡った。ところがそこで恐るべき光景を見てしまった。縫いぐるみ、ランドセル、リコーダー、筆箱、セーター、お稽古バッグ……幼くして亡くなった子供たちが愛用した、華やかな色使いの奉納品が洞窟を埋め尽くしていたのだ。さらに翌朝、3人で朝食をとっていたら女性記者がぽつりと言った。「夜中に突然電気がついたのよ」。潜戸の風景も、その地で喚起された物語も、現代のほうがハーンの時代より力を増していた。
    『日本の面影』は、1890年(明治23)4月、ハーンが来日した日(「東洋の第一日目」)から松江を去る91年11月(「さようなら」)まで、わずか1年7か月の間に体験した、夢のような時間をかたちにした随筆集だ。
     ギリシア人の母とアイルランド人の父、ともに神話の国の血を受け継ぐハーンは、土地のにおいをかぎとる鋭い力があると思う。さまざまな土地に漂う〝見えないが確かに感じられる気配〟について、時に繊細に、時にずばりと描き出す。
     ハーンが『日本の面影』に書き残した霊場、神社、寺、祭り、そして風景にさえも、その地に長く蓄積されてきた人間の生々しい感情の余香が、今も残っているような気がしてならない。そのうちのいくつかは、潜戸のようにさらに熱を帯びていたりする。私は彼の著書を昔話ではなく、普遍の土地案内書として、追体験し続けている。
    投稿日:2016年05月27日