書籍の詳細

県立田茂農林高校――通称『のうりん』。そこは、農業に青春をかけた少年少女の集う、人類最後の楽え――「牛が逃げたぞおおおぉぉぉぉ!!」うるさい!あらすじくらい静かに言わせてよ!!あー、おほん。ぼくの名前は畑耕作(はた・こうさく)。ここ『のうりん』に通う、ちょっぴりアイドルオタクな高校生だ。そんなぼくの通う学校に転校してきたのは、憧れの超人気アイドル草壁ゆかたん……!?方言幼馴染、メガネ美少年、ラブリー小動物、巨乳少女!妄想系女教師!パンツ!足フェチ!そして、謎の転校生……ここには青春の全てがあるッ!!奇才・白鳥士郎が送る農業学園ラブコメディー!今、収穫の秋(とき)!!※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

「のうりん」シリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • パンツ、おっぱい、変態
    パンツ、おっぱい、変態、というラノベです。

    このラノベはフォントをいじったり文字を大きく編集したりと文字遊びが多く行われているので好き嫌いが激しく別れる作品だと思います。
    私はこういうの好きじゃないんですけどね。

    内容も、東京でアイドル活動をやっていた美少女がなぜか主人公の通う学校に編入してきたり、
    可愛くて巨乳の幼なじみが嫉妬しつつ主人公にモーションをかけたりとお約束通りの展開がたくさん詰まっています。

    ただ、かなり真面目に農業の取り巻く問題を語ったりする場面もあります。
    バカバカしいノリの良さだけのラノベじゃないのである意味メリハリの効いた作品なのかもしれません。

    個人的にはラノベで読むよりも漫画で読むのをオススメします。
    ラノベのフォント遊び、やっぱり好きになれない。。。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年04月06日