書籍の詳細

おとぎ話「桃太郎」の子孫であるプロレスラーのザ・モモタロウが、さまざまなライバルとリングで闘いを繰り広げる抱腹絶倒のギャグアクション。太平プロレスのエース・松平林吾(まつだいら・りんご)のタイトルマッチに乱入してきたアカオニ・トム。彼は鬼として退治された先祖の復讐をするために、桃太郎の子孫であるザ・モモタロウに挑戦する。そして必殺トムさん・ラリアットを喰らったモモタロウは、首の骨を折って……!?

総合評価
4.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

THE MOMOTAROHのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • オススメのスポーツ漫画
    ギャグもアクションもテンポが良くとても面白いです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年07月14日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    今まで読んだ中で一番笑える漫画です。プロレスが題材の漫画ですがプロレスに興味がなくても楽しめると思います。初めて読んだのは小学生の頃だったのですが大人になって改めて読んでみても色あせない魅力的なギャグ、キャラクター、エピソードたち…大好きです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月20日
  • この作品を読むと、ひと昔前の少年漫画って本当にギャグの密度が濃いなあと思ってしまいますね。本作はおとぎ話をモチーフにしたキャラが闘うプロレス漫画なのですが、ギャグ作品なため登場レスラーはシャレの効いたキャラ揃い。モモタロウ永遠のライバル・キンタロウはイケメンなのに髪切りマッチで敗れて河童状態だし、あんまりなモジリの牛バカ丸や、酒呑童子ならぬシュテンドルフと、そのキャラの立ちっぷりやネーミングは抜群。そして彼らとモモタロウ対決の中で繰り広げられるギャグの応酬。これがまた半端じゃない。それこそひとコマごとに小ネタが入り、その合間に試合をしているようなもの。このネタ、ちゃんと押さえていくと普段の3倍くらい読むのに時間がかかるw。で、さんざん笑わせてかっこよくキメる、というのが小気味良い。気を楽にして読むことをおすすめします。また、オールド・プロレスファン向けのネタもあるのでそこも楽しんでもらえたら。ブラック・モモタロウの正体である影幻春架の元ネタとか、わかるかな?(2011/4/1)
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年04月01日