書籍の詳細

紙書籍と電子版同時発売!パンダやダイコンのコスプレマラソンランナーとしても有名な著者の初書籍IT界で彼の名を知らないものはいない。と同時にいまや、ランナー界でも「ダイコン」のコスプレですっかり有名になった著者。35歳を過ぎてからランニングを始め、フルマラソンでは飽き足らず、100キロマラソン、トライアスロン、さらにはゴビ砂漠、サハラ砂漠、北極、南極マラソンにチャレンジ。2013年3月のチリ・アタカマ砂漠でチーム優勝を果たした。まともな人は「おかしいんでは?」と思うであろう、“マラソンジャンキー”の涙あり笑いありの体験記。カラーグラビアも豊富です!「未来はいつだって変えられる、チャレンジせよ」これが著者のメッセージです!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

マラソン中毒者 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマンのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「好きこそものの上手なれ」という諺がありますが、『マラソン中毒者 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン』を読むと、人は何かに夢中になってしまうと、ここまで道を極めるものなのか!!と感嘆させられてしまいます。ベンチャー企業への投資家・小野裕史はふとしたことからランニングを始め、「気づけば3年ほどの間に数えきれないくらいのフルマラソンや100kmマラソンを完走」するほどになっていました。学生時代の体育の成績は上中下で最下位ランクであったにも関わらず、です。そんな著者が居酒屋で仲間とノリの勢いで決めたのが、アタカマ砂漠の250kmマラソンで「チーム戦世界一」を目指すことです。この本を読んでいて面白いのは、この種の内容の本にありがちな悲壮感を軸足に置いたスタンスではなく、カラリとしていて爽快であることです。北極や南極でみんなに喜んでもらおうとニンジャのコスプレに身をまとうような著者です。極限状況ですら明るくポジティブに挑もうとする気分が存分に伝わってきて読者の気持ちを高揚させてくれます。また、走破何十kmや零下何十度といった数値が頻繁に出てきますが、あくまでも記録上の数字であって、自慢めいた話に導かれるわけでもありません。エビローグに素敵な言葉がありました。「小さなきっかけでも『ココロの羅針盤』の針が動いたら、まずは動いてみる。『できるかどうか』ではなく『まずは、やってみる』」。この本を読めば、今年一年、さらに明るく歩を進めることが出来そうです。(2015/1/9)
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年01月09日