書籍の詳細

大学講師の木下葵は、背徳感を抱えながらも、教え子の黒沢隼人と交際を続けていた。ある日葵は、趣味で通う絵画教室で偶然隼人に遭遇する。しかし隼人は、学校にいる時の雰囲気と少し違っていた。そのまま一線を越えてしまう葵だったが、後日隼人から思いがけない事実を告げられる――。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

先生は言いなり玩具のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 双子ものは新鮮!
    最初はあれ?これどっち?ってなります。
    最終巻まで双子のどちらと両思いになるのかわからないですけど面白かったなぁって思います。
    題名の意味も最終巻でなるほどってなりました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月22日