書籍の詳細

エストリア王子・ウィルフレッド殿下が英都大学に留学してきた。貴族的な容姿、紳士的な物腰に、キャンパスは黄色い歓声でいっぱい。大学院に通う都は、修士論文のためにウィル王子の曾祖母の資料を求めて、彼に接近しようとするが、思わぬ「ウラの顔」をかいま見てしまい…!?リッチ&ロイヤル・ラブコメディ!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

プライベート・プリンスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • エンマキさんの作品は絵が綺麗なのでこの作品も絵に惹かれて購入し、どっぷりとハマりました!
    お話の設定は実際にはあり得ないけど、ごく一般の日本人である都(みやこ)が日本に留学に来ていた王子のウィルと出逢い、
    最後には彼女がプリンセスになるという正に夢のようなストーリーに心酔いしれました!
    読んでいてにやけてしまう、そんなほのぼのラブコメディー。

    都は最初はウィルの曾祖母であるリツコに関する資料欲しさに近付いたし、
    ウィルの方は外見の美しさとは違って傲慢で巨乳好きのS系キャラで、
    2人の出逢いは最悪なパターンでしたけど…。

    王子は王子としての綺麗な表の顔もあるけど、怒ったり嫉妬したりと綺麗なだけじゃない
    人間らしい姿がちゃんとあるし、都もメガネに服装も地味な外見だけど、
    ありがちな「メガネを外すと美女」みたいな王道パターンでもないし、
    夢をしっかり持っていてまっすぐ生きているところとかがすごく好感が持てました。
    あと脇役も良いです。千里子は、一人はいてほしいと思えるほど友達としていい人だし、
    何より 忘れてはならないのが何事にも常に冷静で従順なロバートさん…。素敵です。

    様々なストーリーの展開がありましたけど、充分読み応えがあり作品の完成度も高くオススメです!
    • 参考になった 3
    投稿日:2010年12月17日