書籍の詳細

日本漫画界において独自の地位を築く奇才・諸星大二郎。彼が〈ミステリーズ!〉に連載した、モロホシ版グリム童話ともいうべき作品群。広く知られている「白雪姫」にはじまり、「藁と炭とそら豆」など、そんな話があるんだと初めて知るような作品まで、それぞれの話をもとに描かれた全12編の作品が、すこし奇妙で不気味な諸星ワールドへ誘います。巻末には書き下ろし作品や、著者自身のイラスト入り作品解説も収録した、ファン垂涎の1冊。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

スノウホワイトのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    えっ?と思わせる、三つめのグリム童話
    白雪姫や七匹の子やぎといった、子供の頃に聞いたことのある童話。
    ひところ「本当は怖いグリム童話」といった話題を聞いたこともある人もいるのではないでしょうか。

    実際、はじめて出版されたころのグリム童話には、奇妙な話のものや、残酷に思える展開の話が収録されており、版を重ねるごとに内容が少しずつ変化していった経緯があります。
    なぜそうした経緯をたどったのかはさておき、本作品はグリム童話の内容を踏襲しつつ、あっと思わせる展開に満ちた童話の数々が収録されています。

    そうした思いもよらない驚きが、また面白い。
    童心にかえったかのような、続きを読みたいと思わせる構成は、さすが長年奇譚を手掛けてきた作者の手腕によるもの。
    この「童話集」には心がなごむようなメルヘンさはありません。
    しかし、奇妙で驚きに満ちた不思議な世界に浸りたいならば是非オススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年12月16日