書籍の詳細

北近江の浅井三姉妹の三女・江(ごう)は、父・長政(ながまさ)の顔を知らずに育ったが、ある日、父を切腹に追いやったのは、伯父の信長(のぶなが)であることを知る…。しかし、憎むべき信長の魅力にひかれる江。その信長が本能寺の変に倒れた後、母・市(いち)は娘たちを遺して義父の柴田勝家(しばたかついえ)と共に自刃。茶々(ちゃちゃ)、初(はつ)、江の三姉妹は羽柴秀吉(はしばひでよし)に託され、三人三様の波乱の人生が始まる!後に徳川家三代将軍・家光の母となる江。乱世を生き抜いたエネルギッシュな物語、少女編。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

江 姫たちの戦国のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • タイトルで分かるように、『江 姫たちの戦国』は、今年(2011年)のNHK大河ドラマのコミカライズ作品。現在、「デザート」(講談社)に連載中で、リリースはまだ第1巻のみですが、続刊への期待も込めてご紹介します。というのも、江(ごう)というお姫様の複雑な生い立ちと姉である茶々や初たちとの立場の違いが、とても解りやすく描かれているからです。母であるお市は織田信長の妹ですが、父の浅井長政はその信長に滅ぼされます。幼少にして天真爛漫な江の姿と心中穏やかではないながらも、母や姉達が気高く振る舞うその細やかな表情が十分に伝わってきます。まさに、少女マンガならではの画風ですが、クセがないので男性読者も違和感なく読めるはずです。戦国物語というと、勇ましい武将ばかりに目が行きますが、敵味方に分かれて波乱万丈の生涯を送ることになる姫たちの生きざまを、かつ目したいところです。(2011/1/3)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年01月11日