書籍の詳細

「どう考えてもバッドエンドにしかならない」『魔王』『Waltz』で伊坂幸太郎とタッグを組んだ俊英、大須賀めぐみが今、待望の完全オリジナル作品に挑む!!とある小説家に突きつけられた「タチの悪い冗談みたいな現実」の行き着く先は!?1ページ先で何が起きるか、予想も出来ない相次ぐ衝撃を目の当たりにせよ!!連載開始当初から待ち望まれたコミックス第1巻、ついに発売!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

VANILLA FICTIONのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • バットエンド?ハッピーエンド?
    悲観的な主人公はバットエンドの物語しか書けない人気小説家なのですが、ある日、少女を命がけで守れって謎の男に言われそれから次々起こる最悪の展開…。
    少女を守るためにバットエンドを悪いやつらに与える姿、小説家的思考と描き方が素晴らしいです。
    この物語の最後もバットエンドなのか、気になります!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月30日