書籍の詳細

再会を約束して、お互いの手を離した朱天(シュテン)と真珠血(ジョンジュベル)。朱天は嵐山機関 大佐・川上隼人に、神農一族の報告。麻薬のような存在である『太歳(たいさい)』を有し、彼らは生命を操り「神の末裔」を名乗っていた。しかしそれには贄(にえ)が必要。彼らにはもう身内くらいしか捧げるものがない。よってもう怪物は現れない、と――。そのとき、一般の人間とは思えぬ力をもった一人の兵が嵐山機関に闖入した! 【単行本購入特典ペーパー付き】

総合評価
1.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

嵐ノ花 叢ノ歌のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    典型的なイラスト自己満漫画
    イラストが上手い≠漫画が上手いの典型的なイラスト漫画(もどき)。
    アクションも全く動かないので全然勢いが伝わって来ません。
    ストーリーもネタの取捨選択や小出しが出来ておらず、1話から思い付く限りのあらゆるネタを詰め込んで無駄に壮大にした結果、読者が完全に置いてきぼりになってます。
    これを漫画と呼ぶのは漫画に失礼ですね。
    最近はとにかく足し算足し算で描きまくれば、もてはやされる傾向(若者に顕著)がありますが、ストーリーで引き算ができないと致命的です。
    読者がきちんと理解できるよう、話やキャラの小出しが出来ないとキャパオーバーになってしまい、理解出来ないまま終了になります。
    作者の頭の中で理解出来ても、真っ白な状態から入る読者はついていけない事が分かっていないのでしょう。
    イラストでコマ割した漫画もどきです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年07月05日