書籍の詳細

レディコミ界の浮世絵師が描く江戸・吉原版「源氏物語」。女郎に惚れて身を滅ぼした用心棒!生き霊となって恋敵を襲う花魁!仕込み師・源氏と源氏に仕込まれた新吉原の遊女たちの悲惨な愛とプライドの物語!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

まんがグリム童話 廓源氏のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • まんがグリム童話 廓源氏
    主人公の源氏は遊郭の仕込み師。遊女に性技を教え、問題のある女に仕置きを行う男。『源氏物語』の葵、六条、夕顔といった登場人物が、この作品では遊女として登場し、主人公との官能愛憎が主題です。原稿依頼時、「とにかくエロい作品を!」とお願いしたので官能はもちろん折り紙付きなのですが、作家の情熱とこだわりから、ストーリーテーリングや時代考証も秀逸な作品に。仕込まれる女たちの苦悶の表情、快楽に目覚めた新入り女郎、そして娼技が恐怖する地獄の仕置き――。読み手をドキドキさせてくれるおすすめ作品です。
    投稿日:2012年07月20日