書籍の詳細

人気の賭博コミック、第3章「欲望の沼」に突入!利根川(とねがわ)が失脚後、不遇をかこっていた遠藤(えんどう)に渡された劣悪債務者リスト。そこには、忘れもしない伊藤開司(いとう・かいじ)の写真が!彼を見つけ出そうとする遠藤の前に、当のカイジが現れて、ギャンブルを紹介してくれと頼み込む。しかし、カイジはその場で確保されて、地獄のような強制労働施設に連れて行かれ……!?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

賭博破戒録カイジのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「地下チンチロ」編の大逆転は最高のカタルシス 「沼」編は・・
    カイジの「賭博黙示録」に続く第二弾。1~4巻の「地下チンチロ」編、5~13巻の「沼」編だが、正直「沼」編はカイジのそれまでの駆け引きの面白さが皆無で、カイジ側敵側ともに無理矢理な力押し。それが長々と続き、緊迫感が薄れてくる。連載が長く続くと引き延ばしになり緊迫感が無くなるのは、「アカギ」でも顕著な福本伸行の悪癖。でも、第一弾の「賭博黙示録」と、本作「賭博破戒録」前半の「地下チンチロ」編までは、大勝負の緊迫感、駆け引き、大逆転のカタルシスが気持ち良すぎる。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月04日