堕悪(DARK) (2)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

信じていたもの全てを失った刑事が絶望の果てで選んだ新たな人生…それは餓狼となり、金と権力と欲望を喰らうことだった!!その手始めに大神は闇金を我がものにすべく動き出したが───!?戦慄のクライム・ストーリー!!

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

信じていたもの全てを失った刑事が絶望の果てで選んだ新たな人生…それは餓狼となり、金と権力と欲望を喰らうことだった!!その手始めに大神は闇金を我がものにすべく動き出したが───!?戦慄のクライム・ストーリー!!

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

警察小説というジャンルがすっかり定着しました。私も好きです。小説に限らず、警察を舞台にした作品はドラマや映画、そしてマンガでもたくさん生まれています。『堕悪(DARK)』(劇画:叶精作 原作:伊月慶悟)は、所轄の生活安全課の刑事・犬飼が主人公。冒頭から麻薬捜査官や公安も入り乱れて物語が始まり、信じていた者に裏切られた犬飼は、いきなり殉職してしまいます。でも、主人公が死んでしまっては、物語が続きません。人知れず奇跡的に助かっていた犬飼は、闇社会で生きることを決意し、自分が巻き込まれた事件の真相に立ち向かっていきます。と、ここまで骨子をご紹介すれば、警察モノが好きなファンには堪えられないキーワードが頻出ですね。物語の途中までは、ひとつひとつの出来事がどう結びつくのか、予測がつきませんでしたが、中盤からラストに向かっては怒涛の展開です。詳述は避けますが、犬飼が闘いを挑むのは、各界の巨大な権力者です。もちろん、警察官僚もそのひとつに含まれます。叶劇画の真骨頂とも言うべき艶かしいタッチも含めて、大人のためのクライムコミックです。(2012/3/6)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。