書籍の詳細

案外、この世界も悪いもんじゃないって。りん、君はしっているかい―――?祖父の隠し子・りんを育てることになったダイキチ。6歳児と30男が繰り広げる、なごみ系ちぐはぐLIFE。

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

うさぎドロップのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 突然子持ちになった男の奮闘育児
    亡くなった祖父に隠し子が発覚し、幼い6歳の女の子を引き取る独身男性。
    子育ての経験も無かった彼が、慌てて保育園を探したり、残業の無い部署に異動したり、他の子持ちの従姉妹やママ友にアドバイスを聞いたりしながら、子育てに奮闘する様子を描く。
    ごく初期の頃に出て来る台詞だが
    「子供のことで自分が犠牲になっていると思うことがあっても、言葉にしてしまうのは嫌だ。言葉の力は強烈だから」
    「今、俺が“これは犠牲じゃない”って言い切るのはウソくせーから、何年か後にそう思えればいいなと思う」
    というのは好き。
    似たような「親を無くした子供を引き取る」設定の作品で、「一緒に暮らすための約束をいくつか」「高杉さん家のお弁当」も良かったが、本作では特に幼児期からのまさに“育児”をしっかり描いているのが特に好き。
    4巻までの保育園~小学校編はまさにその育児編なのだが、5巻になると急に数年飛んで高校生編になる。こうなると、もう育児ではなく同居。上に上げた「一緒に~」や「高杉さん~」と同じような設定と展開になる。個人的には、もっとじっくりシングルファーザーやシングルマザー“育児奮闘記”を読みたかった気がするし、まぁ高校生編の同居生活も良いとして、どの三作とも最終的には~~~な展開になるのは個人的には蛇足だなぁ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月17日
  • 自分には子供はいないのですが、働く子育てママ(パパ)たちを尊敬したマンガでした。そしてお父さんお母さんありがとう。この「うさぎドロップ」はとある事情から、祖父の隠し子・りん6歳児を育てることになった30男ダイキチの2人が織りなす物語です。まあとにかく「りん」ちゃん、かわいいです。そしてダイキチも努力してます。初めは、働きながら子供も預けつつとはこんな苦労や様々な努力があるんだな、でも子供はやっぱりカワイイという、ほのぼのマンガと思って楽しく読んでました。…がっ!ラストに向かっての展開はかなり予想外!!うーん。ちょっとすごいですよね、私はこのダイキチの決断は立派だと思います。もしこうなったら…私はこの決断はできないような気がします。だからすごいなぁと。若干リアリティはないのかもしれませんが、でも物語だからこそ、こういうちょっとした「夢」があってもいいのかなと思います。お子さんがいらっしゃる方もいらっしゃらない方も、十分に楽しく読める作品です。
    • 参考になった 6
    投稿日:2013年03月22日