書籍の詳細

かつて箱根路を駆け抜けたエースランナー、小田切竜生。あのアクシデントから15年──途切れた襷をつなぐ為、彼は、再び母校に還ってきた!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ハイアーグラウンドのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 2年連続で箱根駅伝のスーパースターとなった「山の神」柏原竜二は、福島県いわき市出身です。登りが続く5区で、ダントツの速さでごぼう抜きにするシーンを覚えている方も多いでしょう。箱根駅伝は、いつ見ても感動させられます。『ハイアーグラウンド』は、箱根駅伝を目指す飛龍院学院大学の駅伝部の物語。そもそも駅伝部の成り立ちからして、波乱含みです。箱根駅伝での挫折の借りを返さんばかりに、監督として復帰した小田切は、崩壊寸前の駅伝部の部員集めに奔走します。部員の中には、駅伝どころか長距離走未経験者も少なくありません。しかも、復帰した部員達との間で確執が生じ始めて……。その部員達が一つにまとまり始めて、切磋琢磨していく過程が面白いと感じました。それは、「想い」が込められたタスキを繋ぐ、という駅伝の醍醐味なのかもしれません。続巻のリリースも楽しみです。そして、柏原選手にも活躍してもらって、福島県民を元気づけて欲しいですね。(2011.05.22)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年05月31日