書籍の詳細

~唄い出し~君の肩に悲しみが雪のように積もる夜には~

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

悲しみは雪のようにのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 秋もだんだんと深まってきました。いつものコミックのレビューを勝手におやすみして、今回ご紹介するのは『悲しみは雪のように』です。言わずと知れたハマショーの名曲ですね。そう、eBookJapanでは楽譜も販売しております。恐らくみなさんが耳にしたことのある『悲しみは~』は、1992年にドラマの主題歌としてリメイクされたバージョンだと思います。オリジナルバージョンは「愛の世代の前に」というアルバムに収録されておりますので、機会があれば聴いてみてください。話は変わって、ハマショーの魅力について考えてみたいと思います。まずは声ですね。本当にいい声です。そして歌詞。私は学生時代からハマショーを聴いているのですが、昔はそれほどでもなかったのに、今は結構好きという曲がいくつかあります。年齢を重ねることで歌詞の味わい方が変化するからだと思います。そしてシンガーとしての立ち位置。ライブに重きを置き、メディアとは一定の距離を保つという姿勢を貫いているのは、本当にすごいことだと思います。たまには実家に置いてきた楽器に触れて、コードを追ってみるのもいいものですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2013年10月08日