書籍の詳細

潮貞志、28歳。司法修習を終え、法務大臣から辞令を受けたばかりの新米検事である。持ち前の情熱と高い理想を胸に、潮の検事人生が今、始まる!検事の任命式の当日、あろうことかチカンに間違われて遅刻しそうになった潮。任命式には何とか間に合ったものの、どうにも釈然としない。翌日、実務研修生として検事人生の第一歩を踏み出した潮だったが、1件目の取調べの容疑者は、潮が巻き込まれたチカン事件の犯人だった!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ざこ検(潮)のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • かつては、正義のシンボルだった検察ですが、残念ながらその権威が落ちているのは、誰の目から見ても明らかのようです。『ざこ検(潮)』の主人公、潮貞志(うしお・ただし)は、「雑魚(ざこ)」のような小さな事件ばかり担当する若い検事の物語。高田靖彦の作品には、情熱をほとばしらせる真っ直ぐな男が時々登場しますが、マルチョウこと潮も持ち前の正義感で、表立っては浮かび上がらない真実を突き詰めようとします。ある事件で、「たかが痴漢って思えばそれで済んじゃうことかもしれないけど。そう思った瞬間、俺自身、終わっちゃう気がすんだよなぁ」というセリフにもあるように、「検察のエース」と言われるような巨悪と対峙するエリート街道とは縁がない生き方をしています。エースといえば、この潮は学生時代からピッチャーをしていたのですが、ある悲劇を通じて検察の道を歩むようになりました。深みのあるサイドストーリーで、自分を戒めることができる人間だから、上っ面だけの正義漢ではないことがよく伝わってきます。時には「俺は自分が検事って仕事に向いている人間なのかどうか…ひとつひとつ確かめていきたいんだ」なんて、弱音というか本音を吐くのも魅力のひとつです。現実の検察にもこういう検事がいるのかな、などと考えさせられました。(2011/10/25)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年10月25日