書籍の詳細

3億円強奪計画は意外な結果に終わり、仲間の一人は服毒自殺を図る。流されゆくままにN、T、ヨーコの3人もそれぞれ別々の道を歩むことになっていった。やがて政治の季節は終りを遂げ、事件は忘却の彼方へと消え去るのだが…。疾走する時代の中で徹底的にもがき、苦しみ、翻弄される“ツイてない奴ら”。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

アンラッキーヤングメンのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • テロ、機動隊、公安、アジト、大江健三郎…高度経済成長を背景に、若者達が怒りを伴って強烈に主張していた時代がありました。1960年代後半の東京が舞台のこの作品には、主人公のNをはじめとした登場人物の若者達が連続射殺事件や連合赤軍事件、そして三億円事件の当事者として描かれています。その登場人物は、N以外にヨウコ、Tなど、原作者が言う「パブリックイメージ」を巧みに表出させて描かれています。他にも画を見れば、「ああ、あの人か」と思わされる著名人達が少なくありません。私の好きな場面は、映画を撮りたがっているTが、「映画の脚本か犯行計画か」という三億円強奪の筋書きを完成させて、実行するあたりからです。全体を通して、当時を知らない私が読んでも、その時代の空気がひしひしと伝わってきました。日本晴れのような天気よりも、梅雨のような雨がしとしと降り続く日に読んでみたい作品です。(2011.5.29)
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年06月07日