書籍の詳細

日記が趣味の中学生・天野雪輝は、自分の携帯に未来の出来事が打ち込まれているのを見つける。だが、読み進んだ彼が見たものは、自らの死の記述だった!クラスメイトの少女・由乃を交え、空前のサバイバルゲーム勃発!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

未来日記のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 未来日記
    「未来日記」は、私が新人編集者の時代から10年近く担当していた著者の作品です。その著者については、新人漫画賞受賞に始まり、連載をかけた新人バトル優勝、初連載となる「花子と寓話のテラー」の連載、そして本作「未来日記」のアニメ化&実写ドラマ化と、一人の漫画家としてステップアップしていく様を間近で見てきました。それだけに、この「未来日記」の各メディアでの展開は、携わってきた一人として嬉しかったです。ぜひ1巻をご覧になってください。息をもつかせぬサスペンス展開ですので、きっと続きが読みたくなるはずです。
    投稿日:2012年07月20日
  • アニメに続きテレビドラマも始まって、見た人も増えたってことで、ようやく書くふんぎりをつけました。自分が初見で感じた驚きをこれから読む人に先入観なく感じて欲しかったのですが、もう書いてもいいでしょう。私が読んだときは、解説に「殺人ゲーム」なんて言葉があっても、ちょっと萌えっぽい絵柄に、ほわんとしたタイトルだから…、と常識的な見当をつけていたのです。でもそれは大間違いでした。この作品、私が今まで読んだ漫画の中で5本の指に入る凶悪な漫画といってもいい。主人公・雪輝の仮想世界に居るはずだった神=デウスが仕掛けた、未来を予知する日記を巡る12人によるサバイバルゲーム。勝ち残れるのはたったひとり。味方も信じられない闘い、というのはよくある設定ですが、特筆すべきは雪輝の絶対的な味方である由乃という女性。彼女がこの作品のキーパーソンであり、めっちゃクセモノなのです。こんなヒロインみたことない。イッちゃってるどころではない。具体的なことはばらさずにおきますが、首が飛んだり串刺しになる描写よりよっぽど怖い。心して読むべし。(2012/4/27)
    • 参考になった 4
    投稿日:2012年04月27日