書籍の詳細

同じ街、同じ男の子の出てくる夢を何度も見ている昌。このなつかしさは、なんで…?ある日、現実世界の街中で、夢の中の男の子を見かけた昌は、偶然、不思議な猫の人形を拾うが…?バロンとムタが再び大活躍!!柊あおいが贈るファンタジックでノスタルジックな物語。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

バロン~猫の男爵のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネコたちがアホ可愛いコメディーファンタジー
    「耳をすませば」のスピンオフ作品であり、スタジオジブリのアニメ映画「猫の恩返し」の原作漫画。「耳をすませば」では原作漫画でもスタジオジブリのアニメ映画でも主人公の月島雫が「バロン~猫の男爵」を主人公にした物語を描くのだが、その物語の内容については詳細に描かれていない。それを受けて書かれた事実上の続編である、月島雫が書いた物語としてのこの作品。
    「耳をすませば」がわりとシリアスなラブストーリーだったのに対し、本作は終始コメディーテイストなファンタジー。気楽に笑いながら読める。主役?のバロンも格好良いが、むしろムタやら他の猫たちやらが面白すぎ可愛すぎ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月11日