寺島良安 訳注:島田勇雄/竹島淳夫/樋口元巳

平凡社

ジャンル:学術・学芸

1400円 (税別)

14ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2003年10月24日

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る

和漢三才図会 11巻の内容

シリーズ書籍一覧 18冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

和漢三才図会 11巻の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

「和漢三才図会」は江戸中期に編纂された日本初の百科事典として名高い。大坂の医師寺島良安が中国・明の「三才図会」にならって、30余年をかけて編纂したもので、全編に配置された挿絵が魅力の一つとなっている。原典は「天」「人」「地」の3テーマに大別され、105部に及ぶ大著ですが、平凡社刊「東洋文庫」におさめられた「和漢三才図会」は全18巻にまとめられています。今回紹介するのは、その第6巻、畜類、獣類など生き物について詳述された一冊。例えば44ページ、獣類の冒頭項目は「麒麟」で、その姿を描いたイラストが配置され、「瑞獣(めでたいけだもの)で、麕(くじか)の身体に牛の尾、馬の蹄をもっている。身体は五彩で腹の下は黄色である。高さは一丈二尺、…王者の政治が仁にかなえば必ず姿をあらわす…」「毛のある動物の数は三百六十あり、麒麟はその長である。牝を麒といい、牡を麟という…」と事典らしい簡潔な文章で具体的に記述されています。次の項目が「獅子」でそこにも「百獣の長…西域に生息する…毛のある動物の長である…」という記述がありますから、おおらかなものです。その時代の人々が万物にどんな知識をもち、どう考えていたのかを知るには、百科事典をひもとくのが最も確かで近道だといわれますが、本書を始め、「和漢三才図会」全18巻はその意味で中国文化と江戸文化を知るための知の宝庫といっていいと思います。 (2010/05/21)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。