書籍の詳細

江戸末期。理想の武士になるために、最強集団・新選組をプロデュースした男、土方歳三。彼を中心に新たな視点から語られる幕末青春伝。苛烈な男達の生き様を描く意欲作!!元治元(1864)年。京の都を賑わす新選組は、不貞浪士にも厳しい取り締まりを行っていたが、身内に対してもその厳しさは発揮されていた。市内巡回の斬り合いの際、戦う意欲を見せなかった者は、副長・土方歳三により容赦なく切腹を命ぜられていた。鬼と恐れられながらも歳三は、素人の寄せ集めである新選組を最強の武装集団へ育てようとしていた…。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

月明星稀―さよなら新選組のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 年末に『お~い!竜馬』を読破してから幕末にハマっています。戦国時代も熱くていいですけど、幕末はまた違った良さがありますね。私は竜馬からハマったので攘夷派なんですが、佐幕派の言い分も見てみないとどっちにつくか判断できないな!と思い、あの有名な「新選組」を題材にした作品を「幕末風雲児列伝」
    で探して、土方歳三を主人公に描いたこちらの『月明星稀―さよなら新選組』を読んでみることにしました。絵柄も綺麗で、女性でも読みやすいと思います。土方歳三がとにかく美男子です! 時は幕末。武士に憧れた土方歳三が、近藤勇、そして仲間と共に、動乱の京都へと新選組として繰り出す――。士道を心に抱く男たちの生き様を描いた青春物語。最強集団・新選組をプロデュースした男、土方歳三。土方歳三って有名ですけど、イマイチ何をした人なのかよくわかってなかったんですが、これを読むと、土方が新選組にとっていかに重要な人物だったのか、よくわかります。新選組も攘夷が目的だったんですね。知らなかった…。置かれている立場は違っても、みんな幕末の志士ですね。刀を抜くときは死ぬ覚悟を持って臨む…「武士」って格好いいですね!まさに日本男児の魂です。近藤さんと新撰組に対する忠誠心――「鬼」とまで呼ばれた男・土方歳三の生き様を、ぜひご覧ください!
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年02月25日
  • 男子は一生に一度は幕末に憧れる、なんてよく聞きます。私もこの時代は大好きで、このコーナーでも坂本竜馬、小栗上野介、桂小五郎を主人公にした漫画を紹介してきました。今回はそんな幕末英雄譚の中でも最も好きな新選組、鬼の副長・土方歳三を取り上げてみようと思います。新選組といっても実はこの作品、多くのページを割いているのはそれ以前の歳三の多摩時代。このパートで描かれるのは彼の武士道を追求するゆるぎない信念がどのように培われたか、近藤勇や竜馬との出会いで何を身に刻んだかということです。そこがタイトルの「月明星稀」―月明らかに星稀なり―にかかってくる。このテーマが見えてくるくだりはこれぞ武士道、という感じでシビれます。そして本来ならこの後が「さよなら新選組」という副題にもかかるはずですが、残念ながら伊東甲子太郎が登場したところで雑誌連載は打ち切り。新見錦や斎藤一の独創的な設定や、芹沢鴨暗殺までのくだりなど目を見張るものがあっただけに箱館まで見たかったというのが正直な本音ですが、男の魅力的な生きざまは存分に堪能できると思います。(2010/10/1)
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年10月01日