書籍の詳細

タイムマシンの実験中、なぜか意識だけが3年後に飛ばされた琴理。そこで目にしたのは、彼女を殺したと思いこみ絶望したパートナー・竜ヶ崎の姿で…?愛は時空を超える、スーパー・サイエンス・ラブコメ!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

地平線でダンスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 人類が夢みる装置のひとつに、タイムマシーンがあります。柏木ハルコの『地平線でダンス』は、タイムマシーンの開発に情熱を燃やす竜ヶ崎と琴理の物語なのですが…。物語の序盤で、とんでもないことが起こってしまいます。実験中のタイムマシーンが誤作動し、琴理は時空を転移してしまうのです。再び琴理が現れたのは、3年後の世界。しかも、体は存在せずに意識だけがトリップしてしまったのですから大変。琴理自身はそこにいるのに他人からは見えない、いわば幽霊みたいなもの。琴理はさっそく「ぢゅて~む」な竜ヶ崎のアパートに行きますが、そこで、とことん落ちぶれた竜ヶ崎の姿を目にします。竜ヶ崎を再生させようとする琴理。ふたたびタイムマシーンによって、動物の姿で琴理は竜ヶ崎の前に現れますが、竜ヶ崎はカンが鈍くなってしまっていて、全く気づきません。ここでは明かしませんが、可愛らしい動物の姿で懸命に竜ヶ崎のために努力する琴理と無気力な竜ヶ崎。琴理の必死な努力が報われないもどかしさと、ハラハラさせられる展開に思わずのめりこんでしまいます。物語を読んでいると、しっかり開発すれば、ワームホールを使ったタイムマシーンって本当に出来てしまうのかも、と単純に思い込んでしまいました。もし、完成したらあなたは過去か未来、どちらに行きますか? (2011/9/20)
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年09月20日