書籍の詳細

高校中退、家出、ドラッグ、彼からのDV……。そんな人生をやり直すことにした17歳の愛(あい)は、無口だけど優しい天白(てんぱく)と仲よくなりますが、怪しげな手品師・イサヤが現れて……?不良少女だった愛が出会った怪しいイケメン手品師と草食系の王子様。愛の恋、始まりの予感!?ちょっと危険で魅力的な男がいっぱいの真崎総子ワールド全開!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

恋と愛のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    愛と恋の意味
    二重人格のお話です。本来の人格の天白は物静かというか暗い男の子だけど、とても優しいイケメン。
    ヒロインの愛は医師である叔父の元で更生中。叔父の患者でもある天白に恋をし、
    もう一人の人格の「イサヤ」とも出逢い、話が展開していきます。
    このお話を読んでいて、天白への思いと向き合い方、イサヤへの思いと向き合い方の違いから
    なるほど、と「恋と愛」というタイトルの深さを感じました。
    イサヤは天白と違って口が悪く、一見イヤな奴なのに
    イサヤはイサヤになって愛の前に現れた時は、いつも愛にキスをします。
    天白は、ちゃんと言葉にして愛が好きだと言います。
    全てのシーンに隙がなく最後の最後までキュンキュンしてました。
    ちょい重めなストーリーだけど、凄く凄く好きな作品です。1~3巻まで一気読みをお薦めします。
    ていうか止まらなくなるので、そうなっちゃいます=^0^=
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年01月26日