【最新刊】のんのんびより 12巻

あっと

KADOKAWA / メディアファクトリー

ジャンル:少年マンガ

550円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2018年02月23日

  • 紙と同時
平均評価(4.5 レビューを見る
  • 紙と同時
平均評価(4.5 レビューを見る

のんのんびより 12巻の内容

シリーズ書籍一覧 13冊を配信中

のんのんびより 12巻の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

少女たちの楽天地方生活

ポイントセールで取り敢えずは5巻までの購入。
分校の少女達の他愛ない地方(後述)生活をコミカルに綴ります。
内容は学校生活や自然を独自のテンポで愉しく展開しています。
色んな意味で天真爛漫な6歳児、
東京から来て間もない発育超優良な10歳児、
パワフルでオバカ丸出しの12歳、
幼児体型のコンプレックスが玉に瑕の13歳。
彼女らの相関関係のズレも面白く、たまに年功とは逆転したかけあいも。
狭い村なのでこの中からも姉妹や先輩などの関係が絡み、ボケ挿しツッコミも。
たまに時間軸を移した話があり、それもキャラの展開を膨らませてます。
ただ、
子供目線での世界観の描写は巧いのですが、
舞台的には目をつむれない面もありそこが気になり出すと・・・・・
作者的には『田舎』を描写してるようなんですが、
(作者的には記憶の中のより合わせらしい)
連載当時で広島市郊外よりも恵まれた環境が多々あったり、
(5時間待てばバスが来る、駅には119系や205系が走ってるなど)
農林作業や村の行事には全く駆り出されないこと、
何より、
基本的に男性と高齢者がモブキャラ以下の扱いに。
(5巻現在で複数コマ出てくるキャラがヒロインの長兄とおばあさん一人だけ)
平成合併で超過疎地が市内になった当方から見ると違和感が拭えないです。
「田舎生活」という意味では完全にお伽噺なのでそこは注意です。
キャラの掛け合いで笑って下さい(^^ゞ。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。