書籍の詳細

紅夏国の箱入り姫シュカ(15歳)が、ある日とつぜん王になっちゃった!?口うるっさいお付き武官のゼンに教育(飼育?)されつつ、壊滅的コミュ下手なシュカの“まつりごと”が始まった!

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

うちの陛下が新米で。のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    最終的には神獣の意味って…。
    最初の話は良くて期待してました。
    新米陛下のやりとりにニヤけるので。
    いつのまにか、終わって…驚きました
    まあ、ちょうど良かったので全巻買いました。
    途中までは良かったんですが、
    最終巻に近づいたら、つまらなくなってしまいました。
    神獣が殺された辺りからはおススメではないです…。
    ただ、ありがちな展開ですが、エピソードは良かったですよ。
    イライラさせられる話でしたので筆者には悪いんですが
    全体的には星2で。
    次回作に期待ですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月29日