書籍の詳細

坂本浩(さかもと・ひろし)の父親を殺害した犯人として逮捕された石井哲也(いしい・てつや)。しかしその犯行時刻に哲也と一緒にいた森下和美(もりした・かずみ)は、独自に行動して哲也が犯人ではない事を証明する。一方、父親を殺した真犯人である浩は、凶器がどこに行ったのか気になって事件現場に訪れた時、そこにいた万理子(まりこ)から「おまえが殺したのはわかってる」と声をかけられて……!?すべての真相が明らかになる完結巻。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

蒼い十字路のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    読めたー!
    ずいぶん前にリアルタイムで読んでいた作品、単行本ももちろん持っていましたが引っ越しの際手放してしまって。どうして手放してしまったのか後でずいぶん後悔しました。もう一度読みたくて読みたくて。やっと夢がかなって本当にうれしいです。今読んでも決して古い感じがしないのと、さすがの画力、ストーリー。また最後の結末のコマは忘れられません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年03月17日