書籍の詳細

レコード会社に勤める山口梨花(32歳)は、誕生日当日、元カレに呼び出され、食事→流れでエッチ。気持ちが揺れつつ帰宅すると、何故か家には大阪のオバちゃん風の中年女性が…!!驚く梨花に、今日の行動を言い当て、説教をカマしてくるオバちゃんの正体は…なんと、20年後の梨花だった!!さらに、20年後、このままだとオバちゃんの姿で死ぬと宣告された梨花。それだけは、絶っっっ対に嫌!!かくして、梨花(32歳)とオバちゃん(52歳)、自分と自分の奇妙なコンビによる、人生選択の見直しが始まった!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

オンナミチのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 突然家に見知らぬ大阪のオバちゃんが現れて、びっくりしたらなんと20年後の自分だった…!という展開から始まるこちらの作品。かなり面白いです!ハマります!主人公の梨花が選択する「行動」をこのオバちゃんは知っているわけです。あれこれ(自分のことだから)「その男はダメ!」とかいろいろアドバイスくれるわけです。でも人の言うことなんて聞かないですよね~。で失敗。だんだん『このオバちゃんは本当に私なんだ。そしてこんな風になっちゃうんだ!!!!』と思ってくるわけです。うーーん。怖いです。だけどこのオバちゃんが本当にかわいくて私は好きなんですけどね。そして梨花が取る行動によって、オバちゃん(未来の自分)の姿が変わったり、持ち物が変わったりとしていくのが、これまた毎度の「オチ」的な感じで、私は安心して読み進んでいけます。面白いので一度読んでみて下さい!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年07月11日