書籍の詳細

貧乏貴族の実家を救うため、帝の暮らす宮殿「パレス・メイヂ」に仕えることになった14歳の御園公頼(みそのきみより)。ある時、帝の画帖が破られる事件が起き、御園に嫌疑が…!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

パレス・メイヂのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • パレス・メイヂ
    「暴れん坊本屋さん」「神は細部に宿るのよ」などのエッセイコミックも大人気の久世番子さんが挑む、初の大型ストーリー連載! 明慈帝が造られた壮麗なる「パレス・メイヂ」におわす、凛々しくも美しい今上帝・彰子と、少年侍従の御園。この二人の、淡くも甘酸っぱい主従関係から目が離せません。松葉の典侍や、老仕人の柏木、脇役たちもいい味出していてお気に入りです。最新④巻では、プロの作家さんが本気で描き下した同人誌付きの特装版も同時発売中。まずは一読を!きっとこの世界観にはまります!
    投稿日:2015年08月28日
  • パレス・メイヂ
    宮廷を舞台にした漫画はいろいろあれど、この作品を読んだ時には「面白い、やられた!」と思った。そして2巻は絶対買うと心に決めた。美貌の帝に、侍従が美少年!? これ、反則でしょう。中年男子(?)の私でもトキめいちゃう。最近の漫画では、一番の名コンビだと思います。そして、一見難しそうな設定を使いながら、絶妙な間の取り方や簡潔なセリフ回しで、とてもわかりやすい作品に仕上げている久世先生の漫画力に脱帽です。
    投稿日:2014年08月29日
  • パレス・メイヂ①
    『暴れん坊本屋さん』などエッセイコミックで著名な
    久世番子先生7年ぶりのストーリーまんがです。
    軍服の少女帝・彰子と少年侍従・御園の
    身分差を超えて交わされる想いが、
    宮廷生活の豊かなディテールを交えつつ描かれております。
    淡い恋心を堪能できる話題沸騰の1冊です!
    投稿日:2013年07月26日