書籍の詳細

生徒が全員暗殺者の全寮制女子高でたった1人命を狙われる生徒“一ノ瀬晴”。同じく彼女を狙う暗殺者として転校してきた“東兎角”は次第に“晴”に惹かれ彼女を護るようになっていく。過激な学園生活、スタート!

総合評価
4.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

悪魔のリドルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    アニメは未視聴ですががゆん先生だから読みました
    綺麗に終わりましたね。最終刊の刊行に既刊と間が空きすぎると感動も薄まる気がしますので一気読みした方が楽しめると思います。
    結末や各キャラの裏を知って読み返す楽しみもあります。女王蜂設定がやはり作品を決定づけた特筆事項かなと。
    自分の感情行動言動が実は大きな何かによって計画された物、操られた物じゃないかっていう自意識の不安みたいなテーマは最近来てる気がするんですけど超情報化社会による闇ってやつなんでしょうか。本作とは直接関係ないテーマですが、AIが発達しすぎたら人間要らなくなるしいずれAI側に要らないって判断されるんじゃねみたいな…人類に不利な判断したら自殺するようにAIに内臓させるプログラム開発中らしいよ。まじで。ロボット三原則!アシモフ!鉄腕アトムか2001年宇宙の旅じゃん!
    トゥルーマン・ショーと私が死んでも代わりはいるもの、はどっちが先だったかな…
    てなことが読後感でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月11日
  • 悪魔のリドル
    ミョウジョウ学園10年黒組に美少女・晴(はる)が入学したところから物語が始まります。同じクラスには晴を狙う12人の暗殺者(同級生)。それぞれが目的を抱きながら、謎多き少女・晴との戦いを繰り広げていきます。アニメ化もされ話題を呼んだ本作が、いよいよコミックスもクライマックスへ向けて加速中!! まとめて読むといろいろな謎も一気に解けておもしろさ倍増です。ぜひご一読下さいませ!!
    投稿日:2015年08月28日
  • 悪魔のリドル
    暗殺者だけが集められたクラスで、生き残ることをさだめられた少女の、血と涙に彩られた青春の日々。高河先生の予想できないストーリーテリングと、南方先生の描くバラエティに富んだ美少女暗殺者たちの姿に必ずや引き込まれることと思います! アニメ化でも話題を呼んだ本作。13人の若手人気声優の鬼気迫る演技もあいまって、感動の大団円を迎えました。現在も連載中の漫画のほうでは、ラストに向けて、映像にはできない少女たちの心の機微もていねい描かれていますので、ぜひご一読を!
    投稿日:2014年08月29日