書籍の詳細

悪魔の遊戯(ゲーム)が誘(いざな)う、究極の“頭脳×心理”バトル!!――高校3年・織田照朝(おだ・てるあさ)は、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群。それに加え、日本有数の財閥・織田グループの総会長でもある。そんな照朝の前に突如現れたのは、イタリアンマフィア・ベルモンドファミリーの御曹司、マルコ・ベルモンド。マルコが持ち込んだ“悪魔の鍵”によって、照朝の日常は一変する……!!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ACMA:GAMEのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 日常パートのギャグが以外と面白い頭脳戦漫画
    アイテム(鍵)を使うと悪魔が出てきて、悪魔を立ち会人として勝負が開始される。
    勝負の内容は悪魔が決定し、基本頭脳戦(体力を要求しない)の傾向。勝負には対等と悪魔が判断したものをそれぞれが賭ける。
    鍵の所有者には1つだけ特殊能力が与えられてゲーム中に使えるがどう使うかはあなた次第。
    そんな心理+頭脳戦に挑む主人公は大企業を若くして背負う、成績優秀運動神経抜群で人情深い完璧超人な高校生。
    勝負中はシリアス、メインシナリオパートもシリアスながら、それ以外での主人公が完璧超人の殻を脱いでいるところがこの作品のいいところ。他のキャラも中々面白い。
    1巻を買って悪魔ゲームパートと日常パートの両方を見てみて下さい。
    それで面白い!と思ったあなたはこの作品に程よく浸かれることうけあいです。
    尚、1巻の試し読みでは主人公の完璧超人パートしかない(悪魔ゲーム、ギャグもなし)なので判断しづらいところになると思いますが、出て来るマフィアの小僧は後ほど仲間になり、かなりいいキャラになるので期待して読み進んで下さい。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年11月27日