書籍の詳細

初めて訪れた海外でヒドイ目にあい『二度と海外には行かない』と決意した青海空土(あおみ・からど)。しかし就活に失敗しニートになってしまった空土は、バイト先で知り合った外交官・横溝(よこみぞ)に、年齢制限もなく特別な資格がなくてもなれる『在外公館派遣員』になるよう誘われ、何とか試験に合格、在ラオ日本大使館に赴任した。純日本人・青海空土の海外でのお仕事ライフが始まる!作者の実体験を基に描いたプロローグ『ラオスのゆりこちゃん』も収録!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ジャポニカの歩き方のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    面白いので、おすすめ!
    主人公が在外公館員として成長していくストーリーです。
    主人公以外の登場人物も魅力的で、もっとこの人にスポットをあてた話も読みたかったなぁと思わせてくれます。途中、主人公以外の登場人物にスポットをあてた話もあり、全7巻があっという間です。

    読み終えたら、海外に行きたくなるし、仕事頑張ろうと思える一冊です。
    続編を期待します!
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年07月30日
  • 匿名希望
    面白い!
    もともと東南アジアが好きなのを差し引いても面白かった!
    こんな仕事があるていうのも発見だったし、この作品をきっかけにラオスのこと調べたり「在外公館派遣員」は何歳になってもチャレンジできるのかー。。と色々妄想したり笑

    ノンフィクションとフィクションが混ざり合ってる感じが、感じることや考えることを増やす。
    作者の方の経験が生きてる作品だと思います。
    海外旅行に行くひと、行かないひとも読んで面白い作品だと思います。ぜひ!
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年07月21日