書籍の詳細

歴史なのに予測不可能の新戦国体験!!歴史なのに予測不能の新“戦国”体験──!本当の戦国は集団戦だけど、こっちはタイマン!武将=超能力者が夢の対決を繰り広げる!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

セキガハラのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • セキガハラ
    時は戦国、関ヶ原の合戦の少し前…石田三成をはじめとする有名武将たちは「思力」と呼ばれる異能の力を持ち、運命に翻弄されながらも己の信念や野望のために戦います。歴史マンガでありながら、先の読めない展開の連続で読者を飽きさせません。こう書くと荒唐無稽なようですが、史実に材を取ったエピソードやギミックがちりばめられ、凝った作りの娯楽マンガとなっております。
    投稿日:2015年08月28日
  • セキガハラ
    「今のマンガはちゃんとしすぎている。自分が子供の頃のマンガはもっとメチャクチャでいい加減だった。」とは作者・長谷川哲也の言。本作は水棲人間の忍者や身体中からトゲを出すプロレスラーやロボットの侍が活躍するような荒唐無稽なマンガや、かつて夢中になったマンガに思いを馳せて描かれた作品です。石田三成が予知能力者で徳川家康は超筋肉、前田利家は巨人を操り加藤清正は虎人間など、戦国武将が異能者として登場。歴史を踏まえつつ懐かしの小ネタ満載で展開する超歴史バトル漫画『セキガハラ』、読まなきゃ損々!
    投稿日:2013年07月26日