書籍の詳細

60年代。歓楽街。熱に浮かれるダンスのリズム。“傷”を負った男は、その女を、追う。さあ、狂え。月下の者たちよ。漫画家にイラストレーター、そして映画監督と、常にジャンルを越境しながらマッドでセクシーな作品を生み出しつづけ、多くのアーティストやクリエーターから熱い賞賛を集めるカネコアツシ。『BAMBi』『SOIL』に続いて漫画界の鬼っ子が放つは、不意打ちの新境地。錯乱する「愛」の物語、始まる。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

Wet Moonのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 愛の物語
    独特のタッチで描かれた漫画で、
    現在、過去、未来が交錯し、どこに進んで行くのだろう?
    と考えてしまいましたが、楽しく読めました。
    強力なキャラも話しを盛り上げてくれます。
    読み終わって感じたのは主人公の愛でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月29日