書籍の詳細

美貌の青年茶道家・洗足伊織は、妖怪のDNAを持つ異質な存在。しかし明晰な頭脳と、不思議な力を持つがゆえに、警察に頼られて、妖怪がらみの事件に巻きこまれることに。茶道家探偵、鮮烈に登場。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

妖奇庵夜話のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    座敷童
    この先生の本は大好きでほとんど読んでますがボーイズ小説以外があるとブログを見て始めて知り3巻一気買いの一気読みです この本は人間と同じ妖怪ではなく妖人というもう一つの人種が居てと始まり座敷童がとても可愛くて怪我をした時は妖怪病院とか行くのかと思った 脇坂と同じ妖怪と妖人を混ぜてしまい洗足に怒られそうだ 一気に引き込まれました
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月16日