書籍の詳細

キャバ嬢、風俗関係者、裏街道に生きる人々……。そんな彼らが出くわした怖い話、嫌な話、おぞましい話……。思わず頁を閉じたくなるようなエピソードの数々。本書は気の弱い方にはオススメしません。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

忌談のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 精神的に参る話が多い
    福澤徹三氏の、実話怪談蒐集部門ではやはりこのシリーズの右に出るものはないかと。
    「怪談」と一口に言っても、本シリーズでは心霊話に限らず、裏社会のアングラ話から日常的にいつ我が身に降りかかってもおかしくない恐怖まで、実に多種多様な「忌まわしい話」が収められています。
    中でも私が最も精神的にキツかったのは、海外旅行先で遭遇した恐怖系全般。げに、心霊より怖いのは、生身の人間。本当に、後味が悪い・・・。
    どの巻もページ数は少ないので手軽に読めますが、内容は重く、心を蝕みます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月09日