書籍の詳細

隕石直撃による首都壊滅から10年。近未来都市“東京”のスラム街で貧しくともたくましく生きる栗田陸・13歳が、ある犯罪に巻き込まれ、最果ての監獄へ…!!無実の罪で懲役30年を科せられた少年の破獄バトル!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

囚人リクのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • これは真っ当な少年マンガですわ! まず驚いたのが主人公・リクには何もないこと。腕っ節が強いわけでもなければアタマが切れるわけでもない。リクにあるのは恩人である「おじさん」によって育まれた“真っ直ぐな心”ただそれだけ。しかし刑務所という特殊な環境では、どんな暴力よりも、策略よりも、その真っ直ぐな心こそが強く他人を動かしていきます。何のてらいもなく堂々と少年マンガをしていることに好感持ちまくりです。また、刑務所内の受刑者たちは多くが「スラム」の出身。この作品の世界では「スラム」と「一般社会」の間に物理的な壁(ベルリンの壁のような)があり、それゆえに起きる差別が、彼らを受刑者たらしめているのであり、受刑者たちがみな本当の悪ではありません。真の悪とはそうした施策を推し進めている権力者であり、リクを陥れた警視総監なのですが、いまのところどうやってもヤツらを倒す術が見当たりません。ここまで戦力差というか状況が絶望的な物語も久々です。刑務所内というミニマム世界と、その外にある差別的な世界。この状況をどうやってひっくり返してくれるのか、ワクワクしながら続刊を待ちたいと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2013年09月17日