書籍の詳細

「てめぇらの血は何色だ――ッ」!!南斗水鳥拳が末世の荒野を切裂く!妹を奪われた復讐を果たすべく餓狼と化したその男は、「胸に七つの傷を持つ男」を捜し荒野を彷徨う…。南斗六聖拳の一人、“義”を宿星に持つ男、レイを主人公に描いた『北斗の拳』・サイドストーリー。作画はレイ同様に優雅華麗なペンさばきで知られる猫井ヤスユキが担当。知られざるレイの魅力が詰ったファン待望のコミックス第1巻!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

蒼黒の餓狼 北斗の拳 レイ外伝のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • コミックバンチがなくなってしまった…。誌名を変えて再出発するにしても至極残念。北斗の拳外伝シリーズの構想など気に入っていたのですけどね。というわけでその中で一番のお気に入りを出してみました。おっぱい率が高いから…というわけではありませんよ。素直に色気のある絵も迫力ある絵も描けている完成度の高い作品として、そして北斗ファンの側からみても、レイのカッコよさを違和感なく表現してくれていると思うから、です。ケンシロウと出会う前のストーリーで、舞台はほぼアズガルドという色街限定。妹・アイリを探すことをいったん脇に置かなければならないほど重要な「義の星」の宿命である闘い、そして南斗水鳥拳伝承にまつわる過去が明らかにされています。むしろ”北斗”の男ではないことがよかったのでしょう。狂気を秘めつつ、優美で華麗、ともすれば女性的な著者なりのレイ像は、これならあり!と思わせてくれる説得力があります。(2010/9/10)
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年09月10日