書籍の詳細

フォス、月世界へ。月人の襲撃によって頭部を奪われたフォスにラピス・ラズリの頭部を接合し、フォスは百二年後に目覚めた。仲間を助けるため、先生の秘密を探るために、カンゴームの助力を得て、月人に連れ去られる形で月へと向かったフォス。月世界に到着後、月人たちをなで斬りにしながら突き進むフォスの前に、首領的存在が現れた。そこで語られた衝撃の情報、そして目の当たりにした光景とはーー。

総合評価
5.0 レビュー総数:4件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

宝石の国のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • アニメ化と合わせて購入
    2017年秋アニメが放送されていてたまたまそれを見てハマった作品。
    遠い未来で宝石の身体を持つ者と月から襲い来る敵と戦うという不思議な世界観の作品。
    絵は魅力的だけど上手いという訳ではないですが、
    とにかく世界観、雰囲気、キャラクターが力があって凄く良い。
    とても美しく優しい宝石たちとその国を脅かす月人の存在。
    世界の謎、主人公の約束などなどを内包したストーリー展開が凄いです。
    先にも書きましたが、私はアニメの第一話を見て世界観に引き込まれました。
    興味のある方は作品のPVなどを見るとより良く世界観を理解できるのでオススメですよ!
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年10月19日
  • 大好きな漫画です
    話やキャラの設定が面白くて市川先生の絵も素敵です。YouTubeでアニメになった宝石の国も見れます。こちらも凄くお薦めなのでぜひ見てほしい
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年05月22日
  • 宝石の国
    2012年秋にはじまった本作は、それまで2つの短編集『虫と歌』『25時のバカンス』で評価を高めてきた氏の初連載作品。市川さんにしか描けないという意味で実に「アフタヌーン」らしい硬派なマンガです。それでいて宝石たち(彼らには硬度が付されていて、それに見合った戦い方をする)と月人(宝石たちを狩るために突然飛来する存在)とのバトルシーンは、優れたエンターテインメントとして楽しめてしまうという素敵なマンガでもあります。これ、絶対にアニメに向いていると思うんですよ。ぜひ8月に発売されたばかりの最新第3巻を手にとってみてください!
    投稿日:2014年08月29日
  • 宝石の国
    「唯一無二」という言葉は、この人が描く漫画のことを表現していると思っています。まるで遙か未来の世界を見てきたかのように描きます。それも宝石という無機物の視点で。「漫画界で一番美しい才能」。これは市川さんの担当者が、市川さんの才能につけた惹句です。私もそう思います。滑らかに研ぎ澄まされたナイフのような描線はその証拠のひとつです。誰にでもお薦めできる万人向けの作品とは言えませんが、多くの人に素晴らしさを知ってもらいたいと強く思う作品が「宝石の国」です。たぶん、あなたの「漫画」の概念を美しく壊してくれる作品です。その意味では、とてもアフタヌーンらしい漫画と言えます。
    投稿日:2014年01月17日