【最新刊】宝石の国 9巻

市川春子

講談社

ジャンル:青年マンガ

600円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2018年10月23日

  • 紙と同時
  • 紙と同時

宝石の国 9巻の内容

シリーズ書籍一覧 9冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

宝石の国 9巻の詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

宝石の国

2012年秋にはじまった本作は、それまで2つの短編集『虫と歌』『25時のバカンス』で評価を高めてきた氏の初連載作品。市川さんにしか描けないという意味で実に「アフタヌーン」らしい硬派なマンガです。それでいて宝石たち(彼らには硬度が付されていて、それに見合った戦い方をする)と月人(宝石たちを狩るために突然飛来する存在)とのバトルシーンは、優れたエンターテインメントとして楽しめてしまうという素敵なマンガでもあります。これ、絶対にアニメに向いていると思うんですよ。ぜひ8月に発売されたばかりの最新第3巻を手にとってみてください!

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2018年12月31日

長命でありながら儚く美しいキャラクターが魅力的

元々同作者の短編集二冊を読んだことがあり作風を分かった上で読み始めたのですが、それでも過去作よりも個性が強い作品だと感じました。
また、宝石類にあまり詳しくないこともあり初めて読んだ時は正直1巻の途中で挫折してしまったのですが、その後アニメで予習してから読んだことで個性的な世界観や各キャラの鮮やかな色彩をイメージしやすくなり、一気にハマってしまいました。
SFファンタジーな世界観をベースに美しい宝石を身体にもつ生命体である主人公たちが文字通り身を砕きながら仲間を守り、奪われたものを取り戻す為戦うさまやストーリーが進み真実が明らかになるほどに深まる切なさと募る焦燥感が魅力的です。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。