書籍の詳細

酔っぱらいの功太とドキドキ! そして、謎のJK・唯とカコの女の戦いがますますヒートアップ! 第41回講談社漫画賞<少女部門>を受賞した大ヒット連載『PとJK』の最新10巻です☆

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

PとJKのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • PとJK
    P=Policeman(警察官)とJK(女子高生)の恋物語、それが「PとJK」。出会いは、女子高生のカコが年をサバ読んで参加した社会人合コン。そこで出会って、ふつうに恋が始まるかと思ったら、功太はPだった…。どこかのアンケートで見たのだが、警察官は少年少女の憧れの職業№1らしい。こういう危なっかしい時代だから、人身を守る仕事に憧れと敬意を持つということなんだろう。この物語でも、警察官の功太は女子高生のカコをある時は全力で守り、ある時は説教し、そして強く抱きしめる。想像以上のハイスピードで二人の恋が進んでいく。こう書いていくと、なんだかすごいいい話のようだが基本バカップルのラブコメディーです。でも、感動もします。こんな恋があれば、恋は1回でいいと思えます。ぜひ、お読みください。よろしくです。
    投稿日:2014年01月17日