書籍の詳細

特殊メイク・アーティストのアツシ。ある時、女優・リナの顔型を作ろうとしたアツシは、完成した顔型が全く違う女性であることに驚愕する。しかも、その顔は、巨匠監督・赤木が30年前に制作しようとして挫折した映画「森の瞳」で主演デビューするはずだった、今は亡き女優・霧島美映の顔そのものだった。――2001年、小嶺麗奈主演で映像化。映画の特殊メイク・スタッフも手がけた深谷陽によるサイコ・ホラー。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レディ・プラスティックのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 原型と別人の顔に仕上がる顔面マスク。呪われた企画の再映画化。その監督の過去に関わる悲恋…。ホラー映画になりそうな話だな、と思ったら、もうされていたんですね。で、あとがきを読んで知りましたが、作者本人も特殊メイクの仕事をかつてしていたとか。どうりで出てくる小道具の種類や監督のしぐさなどが本物っぽいわけです。私は学生時代に自主映画を撮っていたこともあり、勝手に映画にした場合の配役やらロケ地を考えつつ読んで、ずいぶん妄想をかきたてられてしまいました。絵も達者なだけに最後には漫画が絵コンテに見えてしまう始末。顔模型が手前に奥に主人公がいて、構図そのままで手前にピントが移動したときに口元がニイィとなる、なんて、”そうそう”とうなずいてしまいましたもん。そんな部分で感情移入ができ、登場人物も動いて見える映画的な作品だと思います。映画版も見られたら見てみようと思うのですが、配役のイメージが違うので別の意味でコワイなあ…。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年06月25日