書籍の詳細

おしゃべりできるからってできないこともあるふじのミカ、5才。動物とおしゃべりできちゃう女の子。★単行本カバー下イラスト収録★

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

動物のおしゃべりのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    絶妙なキャラ建て
     一応6巻までの書籍版から内容の感想。
     このコミックが引き込まれるのが「動物の擬人化」をしっかり筋立てしてるところ。
     動物の生態まで見事擬人化しきってます。

     如何にイケメンや可憐なキャラに仕立ててもそこは動物、しょうもない間抜けや本能の暴走もあられなく。
     そこを素っ裸とか(主人公の幼児にして)セクハラとか人間が見て解らない年齢差とか、なかなかのギャグに仕立ててます。

     8巻前後でキャラの裏技に走ったり同じネタの使い回し(キャラの組み合わせで話の展開が同じになる)などネタにくたびれた感がしたので書籍の購買を辞めたのですが、その後にキャラ同士の展開を変えて何とか「倦怠期」は克服してるようなので、まだまだ展開はがんばれそうです。

     あと4コマにしてはクオリティーの高い描画も魅力で、ギャグのギャップを冴えさせてます。

     ただ、竹書房さん、この作品はまだいいのですがおしなべて金額が高めなのでなかなか新発売で買えません。
     買いたい作品も幾つかあるのですが。
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年09月13日
  • 動物のおしゃべり
    ミカちゃんはどこにでもいる元気な幼稚園児。だけど一つだけ、ちょっとかわった特技をもっていて…動物とおしゃべりできるんです!神仙寺瑛が描く、人気No.1あにまる4コマ。 愛犬のタローくん、愛猫のサクラちゃん、愛オウムのTOMくん、愛ハムスターの甚八くん、ミカちゃんの周りは今日もお友達でいっぱいです!コミックス1巻~14巻、ただいま大絶賛発売中。 (※電子書籍版では12巻まで配信中です。ご了承ください。)
    投稿日:2014年08月29日