書籍の詳細

ギャグ漫画の巨匠2人が奏でる「不安」「願望」そして「笑い」の先にある物語!――とある日本の地方都市が、犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘プロジェクトの試行都市となる。市長は一般市民には何も知らせずに元受刑者の過去を隠し転入させるというこの更生促進事業を受け入れた。移住するのは、凶悪犯罪を犯した11人の元受刑者。はたして、このプロジェクトの行方は!?貴方の隣人が凶悪犯罪を犯した元受刑者だったら。罪償いし者達と罪未だ犯さざる者達の輪舞!ここに開幕!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

羊の木のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 刑務所から出所してきた受刑者を、住民にはそうとは言わず、ただ「新住民」として受け入れる――新たな国家プロジェクトのテストケースとなった魚深市。受け入れる「元受刑者」は11人。それぞれが強盗、殺人、放火、強姦、詐欺等々の凶悪犯罪に手を染めてきた人間です。彼らがそうした過去を持つ人間であることを知るのは、市内において市長以下3名のみ、「元受刑者」たちも、それぞれを知ることは無い――。この設定だけでゾクゾクしちゃいますね。原作は『がきデカ』等で知られ、現在は小説家の山上たつひこ。作画は『ぼのぼの』『sink』等、笑いであろうが物語であろうが“不条理”を描かせたら随一のいがらいしみきお。天才2人による夢の共作です。まだ何も起きていないにも関わらず、不穏さだけはこれでもかと伝わってくる1巻。ある伝統行事をきっかけに、その不穏さが形を持ちだす2巻。そして市長さえも知らなかった、本プロジェクトに関わるある事実が明かされる3巻……どの巻も読み終わると「ぶはっ!」と息を吐き出してしまうような、読んでいる間じゅう息を止めてしまうような、そんな緊張感を持つ作品です。
    • 参考になった 6
    投稿日:2013年07月09日