書籍の詳細

地上とは異なる生態系を持つ地下の巨大迷宮は『シンジケート』のエージェント養成所だった。過去にそこから単身脱出したエリーを、かつての仲間たちは「裏切り者」と呼び、命をつけ狙う。地球規模の大災害により各国政府が混乱する中、百合崎士堂博士の予言した終末が刻一刻と迫る。不正コイル、回収屋、『アドラステア』…全ての要素がミラと『箱舟計画』に集束していく――!! ※こちらの商品をご購入の方には、購入から1~2週間以内にデジタル版限定描き下ろし特典イラストを付与させていただきます。※

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ディメンション Wのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ディメンションW
    かつてSFとは未来への希望だった。自動車は空中に浮かぶチューブの中を走り、家庭では万能ロボットが家事や子供の遊び相手もしてくれる便利な世界。誰もが一度は想像したことだろう。いつからか、SFでは文明崩壊
    後の世界やディストピアばかりが描かれるようになってしまった感がある(それはそれで面白いのだが)。
    『ディメンションW』の舞台である近未来には相も変わらず貧困や差別や悪意が存在し、ユートピアというには程遠い。だが、コイルという発明品によりエネルギー問題が解決し、ちょっとだけ便利になった未来が描かれて
    いる。
    現実はマンガのように簡単にはいかないし、まだまだ予想もできない困難が私達を待ち受けているかもしれない。それでも、もう一度だけこのマンガで未来への夢を一緒に見てもらえたら……そう願っています。
    投稿日:2013年07月26日