書籍の詳細

都市型テロ「JS事件」から4年。事件解決の中心にあった部隊「機動六課」もすでに解散。機動六課の戦術の切り札・高町なのはも、現在はその翼をひととき休めていた――。新シリーズの主人公は、高町なのはのひとり娘魔法で少女な、小学4年高町ヴィヴィオ!「リリカルマジカル、がんばります!」

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

魔法少女リリカルなのはViVidのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 魔法少女リリカルなのはViVid
    マニア系のコミック誌だと「友情」「努力」「勝利」を描くコミックなんてないと思っているそこのアナタ!あるんですよそんなアツいまんがが!ヴィヴィオVSアインハルトのヒロイン対決なんてアナタ、鳥肌モノですよ!拳を交錯させ、その太刀筋を通じて相手をを理解し、最期にはお互いを理解し合う。変にデジタル化した現代日本ではアナクロな感じさえするのかもしれませんが、だからこそ今、こういうまんがが必要なのです。「胸をアツくさせるコミックに出会いたい」と思っているそこのアナタ、必読です!
    投稿日:2014年08月29日
  • 魔法少女リリカルなのはViVid
    ヒロインは、なのはとフェイトのふたりの“ママ”を持つ高町ヴィヴィオ、ザンクト・ヒルデ魔法学院初等科4年生の10歳。父親はおらず、血のつながらない二人の“ママ”と友人に囲まれながら友情を育み、健やかに素直に成長していく様子。「もっともっと強くなりたい」と次元世界最強を目指す格闘技にかける想いの双方は、世の父親、父親志望の独身諸兄必見! 娘が欲しくなること間違いなしです。
    投稿日:2013年07月26日