書籍の詳細

産業用ロボットが、ある日突然意識を持った!それは、少年さとると少女まりんの純粋な心が作り出した意識でもあった!父親から「うちの会社にロボットが入社する」と聞いたさとるは、興味津々。モンローと名付けられたロボットとさとるは出会うが!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

わたしは真悟のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 恐怖漫画の第一人者、楳図かずおのSF作品。人間とキカイの関係から解き明かす愛の物語。
    「奇跡は誰にでも一度おきる だがおきたことにはだれも気がつかない」という作品のキャッチフレーズ?が印象的でした。
    ホラー漫画タッチの印象でぱっと見の読みにくさもあるかもしれませんが、『14歳』と同様、こちらも是非読み進めていただきたい作品。
    「奇跡」がおきる瞬間のシーンの疾走感、タイトルにもなっている「真悟」という名前がでてきたあたりからは、きっとページをめくる手が止まらなくなるはず。最後は納得の読了感をお約束します。
    狂気と可憐さを持ちあわせた楳図先生渾身の扉絵アートにも注目してください。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年04月30日