書籍の詳細

「弟を殺そう」――身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の祐二は、弟の殺害を計画した。だが圧倒的な体力差に為すすべもない二人は、父親までも蹂躙されるにいたり、村のはずれに棲む“ある男たち”に依頼することにした。グロテスクな容貌を持つ彼らは何者なのか?そして待ち受ける凄絶な運命とは……。第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した衝撃の問題作。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

「粘膜」シリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • リアルとファンタジーのハイブリッド・ホラー
    飴村行氏の作品の、独特な持ち味ってどこから来るんでしょうかね。
    軍隊の組織とかその日常的な暴力がこれでもかというほど精緻に描写されているのに、決してリアルに非ず。
    河童や爬虫人といった非人間的存在を当然のように登場させながら、決してファンタジーに非ず。
    リアルとファンタジー、その絶妙な狭間に作品の世界観を展開することにかけてはホラー小説界随一ではないかと感じます。
    ページをめくるたびに拭いきれない嫌悪感が生じますが、それでも読むのをやめられない中毒性。夜ふかしは必至です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月16日